埼玉で第19回国語教育研究会開催

平成29年度 第19回国語教育研究会のご案内

主催 日本国語教育学会・南部国語の会                                共催 大村はま記念国語教育の会

【日 時】 平成29年6月3日(土) 受付9:00~  開会9:20

【会 場】 さいたま市民会館浦和 7階会議室(JR浦和駅西口下車徒歩10分)                  ※昨年までとは会場が変わりました。

◇研究主題 「豊かな言語生活を拓く国語教育の創造」 ―深い学びを実現する単元学習の開発-

【次 第】      <総合司会>  中村敏男(前北本市立東中学校長)

◇開会挨拶 9時20分                                           桑原 隆(筑波大学名誉教授)中山厚子(日本国語教育学会常任理事・大村はま記念国語教育の会常任理事)鯨井幹夫(さいたま市立植竹小学校長)(埼玉県立川口北高等学校長)

◇講話Ⅰ 「フレームリーディングで読みの世界を広げる」

青木伸生(筑波大学附属小学校)

◇研究Ⅰ  実践提案及び研究協議

   全体司会及び総括 山下 直(文教大学)

 ☆小学校 実践提案「読みの観点の習得・活用により思考力を育成し、学習内容の深い理解につなげる文学的文章の学習指導 ―読後感とその理由を考えよう                             阿部慎一郎(春日部市立川辺小学校)

  指導   今村久二(日国常任理事)  本橋幸康(埼玉大学)

 ☆中学校 実践提案「対話的な学びを引き出す学習指導の工夫 ~わたしが見つけた小さな魔法~ (「少年の日の思い出」の実践を通して)」                                  廿樂裕貴(埼玉大学教育学部附属中学校)

「読みたい本をさがそう」  間下智司(毛呂山町立毛呂山中学校)

       指導   安居總子(日本国語教育学会常任理事) 笠井正信(法政大学)

 ☆高等学校実践提案

「古典の学習意欲を喚起するための工夫 ~『枕草子』を読む~」

  青木龍也(川口市立県陽高等学校)

  指導   山下 直(文教大学) 熊谷芳郎(聖学院大学)

< 休  憩 >『大村はま創造の世界』(DVD放映)

   <第7巻「とこしえの扉をたたく旅」>   (12:35~13:15)

☆証言「大村はま国語教室の『読書生活の記録』の実際」 

 苅谷夏子(大村はま記念国語教育の会事務局長) 中山厚子(日本国語教育学会・  大村はま記念国語教育の会常任理事)

◇講話Ⅱ 「思いや考えを伝え合おうとする態度を養う」ために

甲斐雄一郎(筑波大学教授)

◇講話Ⅲ 「芦田恵之助国語教育論の根本に学ぶ ―芦田恵之助の発動的学習論とアクティブラーニング論―」

首藤久義(千葉大学名誉教授)

◇講話Ⅳ 「単元:「雪」―言語認知的諸相」

桑原 隆(日本国語教育学会理事長・筑波大学名誉教授)

◇展望 

湊 吉正(大村はま記念国語教育の会会長・筑波大学名誉教授)

◇閉会

【懇親会】 於「ブラット」(市民会館斜め前)                【参加費等】  研究会…3,000円  懇親会…4,000円  研究紀要…2,000円       ※懇親会のご参加、研究紀要のお申し込みをお待ちしています。

※「研究紀要」は、申し込まれた方に、後日(9月末頃までに)お送りいたします。

【申込方法】

次のEmailアドレスに送信ください。氏名、所属、自宅と勤務先の住所、研究会・懇親会の参加・不参加、研究紀要の発送希望の有無を記したファイルをメールに添付していただくと助かります。

  jfmamj20-jasond11@jcom.zaq.ne.jp  中村敏男

 ・当日の参加申し込みも受付いたします。お誘い合わせのうえご参加ください。「研究紀要」のみの申し込みもお受けいたします。代金と申込書を現金書留で連絡先(南部国 語の会・国語教育研究会事務局)にお届けください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中